スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくちゃんの健康チャレンジ―第12回―ピロリ菌除菌に向けて―

先の健康診断でピロリ菌陽性、ペプシノゲン検査陽性となり
判定はC群、胃がん発生のリスクの高い判定となりました
ピロリ菌を除菌するとB群(胃がんの発生率がやや高い)に
判定が変わります

5日にかかりつけ医に行ったときに相談し、ピロリ菌の
除菌をすることにしました

ピロリ菌の除菌療法は、2種類の「抗菌薬」と「胃酸の
分泌を抑える薬」合計3剤を服用します。1日2回、7日間
服用する治療法です
正しく薬を服用すれば除菌療法は約80%の確率で成功するそうです
服用を忘れたりすると除菌率が大幅に下がるそうです

私は6日の朝から始めました、飲む薬は3種類
朝夕食後に3種類5錠(カプセルを含み)飲みます

タケプロン30は胃内のph値を上げて抗菌薬の
  抗菌作用を高めます
クラリス200は抗生物質で細菌などの蛋白合成を阻害し
  菌の増殖を抑える効果があります
アモリン250(1回3カプセル)はペニシリン系の抗生
  物質で細菌などの増殖を阻害し、殺菌作用が
  あるそうです
GEDC0898.jpg
写真のように1日分がセットになっています、左が
朝食後右が夕食後ですが同じ薬です
上のカプセルがタケプロン30、その下がクラリス200
下の3カプセルがアモリン250です

1週間飲み終わってから1か月して再検査をするそうです
除菌に成功すると良いのですが。
スポンサーサイト

ふくちゃんの健康チャレンジ―第11回―大腸の内視鏡検査で一区切り―

9月2日に横須賀市の健康診断を受けた、通常の検査以外にも
胸部健診・胃がんリスク健診・大腸がん検診・前立腺がん検診を加えた。

血液検査ではC型肝炎は完全に治っていると思われる数値(GOT19
GPT17、γーGTP21)だった。
他は善玉コレステロールが少し低めの38や尿酸値が高め、血糖値も
高めだったが毎月検査しているので今までと大差は無い。

胸部健診(胸のレントゲン)も異常無し
前立腺がん検診もPSAの数値1.81で異常無し

胃がんリスク健診は、ペプシノゲン検査陽性 ピロリ菌検査陽性で
胃がん発生のリスクが高い分類判定がC群、今後2年に1回の内視鏡検査が必要

大腸がん検診は便検査で2回とも便潜血があり今日大腸の内視鏡検査を受けました
1週間前から薬を飲み、3日まえから食事の注意、前日夕方下剤、
当日は朝5時から1.8Lの下剤入りの水を飲み水便も出ないような状態で病院へ

検査着に着替え病室のベッドへ、右手は10分おきに自動で図る血圧計
左手には酸素測定器と点滴、点滴管から痛み止めの注射をしていよいよ検査開始
始めに管を一番奥まで挿入する、時々ズーンとくるような痛み息を吐きながら
こらえるそのような痛みが4,5回あったろうか、そこから管を抜きながら
時々写真を撮りまた少し戻るようなことを繰り返しようやく検査終了
感覚では30分もかかったように感じたが15分位だったようだ。

痛み止めの効果を回復するための注射を打たれ、点滴が残っているのでしばらく
ベッドの上でそのままの状態で寝かされる。
健康チャレンジ

点滴が終わりようやくベッドから起き上がり椅子に掛けて先生の説明を聞く
1、今回の検査で切除するようなポリープなどは無かった
  写真上左右
2、潜血があったのは痔核がすれて潜血が付いたのでしょう
  写真した左
3、色素沈着があるが、便秘解消のためにアロエを飲んでいると言うので
  そのせいでしょう(私は大麦若葉・クロレラ・お茶の葉を飲んでいるので
  それら特にクロレラあたりの可能性が高いような気がする)
  写真した右
とにかく検査は終わり現状では特に異常がないとのことで一安心、少しふらつく
足で昼食(今日1日は軽く消化の良いものと言われジョナサンで蟹雑炊にする)
ゆっくり食事を終えたころに足元もしっかりしてくる。

9月2日から始まった健康診断とそれに続く検査がようやく終了した
今のところ新たな心配事が無く一安心、来月掛りつけ医の検査の時に
ピロリ菌を排除する方法を相談してみよう、今後も血糖値の管理と高血圧
など検査継続で医者通いは続くが一山超えたようだ。

ふくちゃんの健康チャレンジ―第10回―夏バテか膵臓の数値が悪い―

お盆の8月15日頃から食後に腹部の張りがあり、みぞおちのあたりを
抑えると痛みが出るようになった。
17日、18日は寝るだけで痛みが出始めた

8月19日(月)にかかりつけ医の診察を受け、胃の動きを高める
プリンぺラン錠5mgを毎食後服用する指示とともに膵臓を中心とした
エコー検査、内視鏡検査の予約をし、21日にエコー、23日に
内視鏡検査を行った。

19日の血液検査でのアミラーゼは651、基準値37~125なので
そうとうに高い数値だ。
リパーゼは基準値11~53のところ何と2055とこれも高い

エコーの結果は特に異常無し、膵炎の兆候も見られない、本日の内視鏡検査でも
小さな2㎜位の晴れはあったものの膵管からの出口もきれいで膵炎の兆候は
見当たらないそうだ。

9月2日(月)に定期診察があり一緒に市の定期健診を申し込んでおり
その結果と合わせてまたしばらくは経過観察が続くのだろうか。

それにしても今回の意の痛みの原因(アミラーゼ・リパーゼの数値上昇)は
なんだったのだろうか?今は痛みも嘘のように消えて体調はとても良いのだが?

ふくちゃんの健康チャレンジ―第9回―糖が下がれば腎が上がる―

久しぶりの更新です、このところ体調がほとんど変わらず書く必要が感じませんでした。
10月1日の採決の結果、血糖値が30年ぶりに(40代で糖の検査をするようになって
おそらく始めて)正常値になりました。

 10月1日の検査の内容を11月2日の定期診察で受け取りました。
グルコース(血糖値)は100、Hba1cは5.2いずれもいままでで一番低く
特に血糖値は初めて正常値になりました。
これは1か月余り前から野菜スープを作り、朝晩食事の前に食べるようにしたことが
効いているのではないかと思っています。
食事の時に野菜スープを飲み、野菜サラダを食べてからご飯を食べるように
食事の順番を替えました。(食後血糖値を上げにくくする)
 しかし良いことばかりではなく最近は腎臓の数値がすこしずつ悪くなっており
クレアチニンは1.49尿素窒素は24.7尿素は9.4といずれも基準値を
オーバーしています。
 8月に70歳になり、体の痛みなどもありますが今のところまあまあだと思っています。
腎臓の数値の改善の方法は良くわかりませんが、とりあえず野菜スープを欠かさず
血糖値を正常値の範囲に保っていこうと思っています。

ふくちゃんの健康チャレンジ―第8回―眼底出血は続いている―

雑用がありブログを書くのが遅れたが、1月25日に眼科の定期健診(3ヶ月ごとに受けている)に
行って、いつものように眼圧・視力検査と、先生の診察を受けてきた。
視力は裸眼で右0.7 左0.6と前回と変わらず、矯正すると1.5まで出る。
先生の診察も内容は前回と大差ない、小さいが白いものが写っていると言われた。
「白いものが写るというのは眼底出血が続いている」と言うことだ
特に大きくなってはいないようだが、少しずつ出血をしているようだ。
出血が止まると、自然と吸収され白るとのことでした。
特に何もすることはなく、今回も目薬を処方していただいて、次回5月頃に
再度診察に来てくださいと言われ、今回の検査も終了した。
「こういう生活上の注意をすれば良くなる」などの具体的なものが無いとどうしようもない。
プロフィール

ふくちゃん7500

Author:ふくちゃん7500
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。